本文へスキップ

Interdisciplinary research covering chemistry and biochemistry



  Welcome to Matsuo Group website

LATEST EVENTS

2021.4. ルテニウム錯体を生体分子に適用するための機能化に関する総合論文を有機合成化学協会誌
     発表しました。


CONTACT

お問い合わせは以下まで。zoom等を使ったオンラインでの研究グループ紹介も可能です。

information

連絡先:
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
物質創成科学領域 機能超分子化学研究室 (物質創成科学棟E508号室)

〒630-0192
奈良県生駒市高山町8916-5
tmatsuo [at] ms.naist.jp


学生のみなさんへのメッセージ

WHAT DO WE DO ?

化学・生物学をカバーする
新しい生体関連分子、生理活性化合物の創成、生体分子機能の解明と制御


生体分子機能・反応を「化学」の言葉で理解し、タンパク質、核酸などの生体分子の機能、構造や反応性を化学的に制御する方法の開発を行っています。天然にはない機能をもつ人工金属酵素触媒の創成、機能性生体分子を創成、生体高分子の性質を明らかにする機能生物学的研究、アポトーシス誘導に関与する酵素の機能制御に関する研究を行っています。
 有機合成、無機・錯体化学合成から遺伝子操作、タンパク質合成などの生化学、分子生物学の手法も使った、化学と生物学の融合領域研究です。
 さらに、生体関連反応と関連した研究とした金属錯体の合成、有機触媒反応の検証を通して、有機化学反応の基礎的事項を明らかにする研究も実施しています。