About our laboratory

量子物性科学研究室では,有機半導体やペロブスカイトなどの量子効果をもつナノメートルサイズの物質の性質をレーザー分光や顕微分光を用いて分析し,有機レーザーなどの新しい光機能材料の創成と物質内で起きるフェムト秒・ピコ秒スケールの超高速量子現象の解明と制御を目指した研究をしている。

詳しく見る

お知らせ

2021.09.21
お知らせ
「有機エレクトロニクス&フォトニクス若手研究会」のご案内
2021.04.01
お知らせ
ホームページをリニューアルしました
2018.08.10
お知らせ
月間報告会・暑気払いを行ないました
2017.04.11
お知らせ
ホームページを更新しました

研究内容

量子的な性質(粒子と波の二重性)が現れるナノサイズの分子,微粒子,薄膜の機能を利用して,将来の光情報通信デバイスや光エネルギー変換材料への応用を目指している。 当研究室では主に,(チオフェン/フェニレン)コオリゴマー(TPCO)と呼ばれる有機半導体材料から成る単結晶の光励起レーザー発振特性やレーザー発振ダイナミクスを調べている。TPCO単結晶では,通常のレーザー発振とは異なり,励起子ポラリトンや励起子フォノンポラリトンが関与したポラリトンライクなレーザー発振である可能性があるため,柳教授・水野助教を中心として,近年精力的に研究を行っている。バルク結晶でポラリトンライクなレーザー発振特性が得られたという先行例はほとんどない。結晶中で高度に一軸配向したTPCO分子間の強い相互作用によって非局在化した励起状態がこの特異なレーザー発振特性の起源であると考えられる。