1. ホーム
  2. ナノテクノロジープラットフォーム

ナノテクノロジープラットフォーム

■ 第7回電子デバイスフォーラム京都 大学セッション(10/29)

第7回「電子デバイスフォーラム京都」および「大学セッション」についてご案内いたします。

昨年に引き続き、10月29日(木)、10月31日(金)の二日間にわたり京都リサーチ パークにて
第7回「電子デバイスフォーラム京都」を開催する運びとなりました。

最先端の研究設備を有する研究機関が、ナノテクの基本となる技術領域(微細構造解析、微細加工、分子・物質合成)を対象に、産官学の幅広い利用者に対して、最先端の計測・評価・加工設備の利用機会を、高度な技術支援とともに提供する、ナノテクノロジープラットフォームについて、関西地域の参画大学(京都大学・大阪大学・奈良先端科学技術大学院大学)が最新解析技術と活用事例に関する講演会を行います。

大学セッションは、無料でご参加いただけます(下記により登録は必要です)ので、皆様方の積極的な参加をお待ちしております。

大学セッション概要
◆ 日 時:10月29日(木)14:00-16:40
◆ 場 所:京都リサーチパーク東地区 会場は参加人員により当日掲示
◆ 主 催:京都大学・大阪大学・奈良先端科学技術大学院大学
     ナノテクノロジープラットフォーム
◆ 参加費:無料(ただし電子デバイスフォーラム京都の他セミナーは有料)
◆ 申 込 :「NEDIA 電子デバイスフォーラム京都」
 申込サイト : https://www.nedia.or.jp/ddf2020_entry/ よりD-1大学セッションにお申し込みください。
◆ プログラム
*14:00-15:00
  「プラズマプロセスを用いた超微細加工における最新の課題と今後の展望」
   京都大学 工学部・大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授 江利口浩二
*15:00-15:25
  「工業用ポリマーを基盤とした構造色技術」
   京都大学 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点 特定助教 伊藤 真陽
*15:25-15:50  休憩・相談受付
*15:50-16:15
  「フレキシブル薄膜電子デバイスによる生体信号計測」
   大阪大学 産業科学研究所 先進電子デバイス研究分野 関谷研究室 特任准教授 植村 隆文
*16:15-16:40
  「生体理植イメージングデバイス」
   奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 物質創成科学領域 准教授 笹川 清

パンフレットはこちらよりご覧ください。

NAIST Nanotechnology Platform 事業

「文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業」は、ナノテクノロジーに関する最先端の研究設備とその活用のノウハウを有する機関が緊密に連携して、全国的な設備の共用体制を共同で構築することにより、わが国の研究基盤(プラットフォーム)を強化していくものです。 本事業を通じて、産学官の多様な利用者による設備の共同利用を促進し、アカデミアや産業界、研究現場が有する技術的課題の解決へのアプローチを提供するとともに、産学官連携や異分野融合を推進しています。 本事業では、ナノテクノロジーの関連する科学技術において基本となる3つの技術領域(「分子・物質合成」「微細加工」「微細構造解析」)に応じてプラットフォームが設置されており、 本学の所属する「分子・物質合成プラットフォーム」では、特異な機能や優れた特性を有する有機・無機材料・金属系ナノ材料の探索・開発のための分子・物質合成、構造解析、分子設計等を支援しています。 本学では、教員の専門性、技術職員の高い技術レベルを背景に、先端大学院大学らしい支援とリーズナブルな利用料金で、みなさまの研究開発に貢献します。 本事業では2018年9月に発生した北海道での地震により被災された研究教育機関を優先的に支援します。事務局までご相談ください。