1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. 先進機能材料研究室博士前期課程2年の吉原宏樹さんが、2023年度第3回関西電気化学研究会において関西電気化学奨励賞を受賞

先進機能材料研究室博士前期課程2年の吉原宏樹さんが、2023年度第3回関西電気化学研究会において関西電気化学奨励賞を受賞

受賞概要

1218受賞写真本文.jPG

【高橋雅也客員教授、吉原宏樹さん】

2023年12月9日に神戸大学にて開催された2023年度第3回関西電気化学研究会において、先進機能材料研究室博士前期課程2年の吉原宏樹さんが関西電気化学奨励賞を受賞しました。同賞は発表された107件の講演の中から、優秀な講演を行った20名に対して授与されました。

研究題目・論文タイトル
全固体化によるコンバージョン型FeF3正極のサイクル特性改善と固/固界面反応の解析
研究者・著者
吉原宏樹1, 山本真理1,2, 加藤敦隆1,2, 林直顕3, 森茂生3, 高橋雅也1,2
1奈良先端科学技術大学院大学, 2大阪産業技術研究所, 3大阪公立大学

受賞対象となった研究の内容

資源量が豊富で高い理論容量を有するFeF3は、次世代電池用正極として期待されていますが、充放電を繰り返すことで鉄ナノ粒子が有機電解液中に分散し、容量が著しく減少する課題がありました。本研究では、無機固体電解質を用いて全固体化することで鉄ナノ粒子の分散を抑制し、サイクル特性を飛躍的に改善しました。また、メスバウアー分光測定を用いて充放電中における鉄の価数変化を測定し、固体電解質の種類がFeF3正極の充放電挙動に大きな影響を及ぼすことを明らかにしました。

受賞者コメント

この度は関西電気化学奨励賞を頂き、大変光栄に思います。日頃からご指導いただいております高橋雅也教授をはじめとする先進機能材料研究室の皆様に感謝いたします。また、本研究を進めるにあたり多大なご協力を頂きました大阪公立大学全固体電池研究所の林直顕博士、森茂生教授に厚く御礼申し上げます。今回の受賞を励みに、より一層真摯に研究に取り組んで参ります。


先進機能材料研究室のホームページはこちらをご覧ください。