1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. 光機能素子科学研究室の亀山愛樹さん(博士前期課程2年)がVDECデザインアワード奨励賞を受賞

光機能素子科学研究室の亀山愛樹さん(博士前期課程2年)がVDECデザインアワード奨励賞を受賞

受賞概要

38b88e968c4950db2ab42d5e2dc21823.jpg

2018年9月28、29日に北海道 登別温泉 第一滝本館にて開催されたVDEC(東京大学大規模集積システム設計教育研究センター)デザイナーズフォーラム2018において、光機能素子科学研究室の亀山愛樹君がVDECデザインアワード奨励賞を受賞しました。 本賞は優れた集積回路設計の設計者を表彰するものとして、1次審査を通過した12名のうち3名にVDECから贈られました。

研究題目・論文タイトル
ハイブリッドフィルタ搭載型 FRET 計測用CMOS イメージングデバイス
研究者・著者
亀山 愛樹,Hee Wan-Shen,木村 文香,春田 牧人,野田 俊彦,笹川 清隆,徳田 崇,太田 淳

受賞者コメント

この度は、VDECデザインアワード奨励賞を頂き、大変光栄に思います。日頃から熱心にご指導いただきました太田淳教授、笹川清隆助教をはじめとする光機能素子科学研究室の皆様に心より感謝いたします。今回の受賞を励みとして今後も研究活動に精進したいと思います。

受賞対象となった研究の内容

FRET (Förster Resonance Energy Transfer)現象を利用することにより、生体における分子活性が可視化されます。生体埋植可能な小型イメージングデバイスでのFRET計測の実現は、他生体内における様々な生体内分子の活性をリアルタイムに観察する手段になると期待されます。本研究では、対象とするFRET現象で用いるCFP (Cyan Fluorescent Protein)とYFP (Yellow Fluorescent Protein)の二種類の蛍光を同時に検出するイメージセンサデバイスの開発をしました。

光機能素子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。