1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. 量子物理工学研究室の國方 俊彰さん(博士後期課程1年)、西川 晃弘さん(博士前期課程2年)、髙瀬 峻汰さん(博士前期課程1年)、山林 恵士さん(博士前期課程1年)が応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ第12回研究会 兼 第28回次世代先端光科学研究会において講演奨励賞及び若手奨励賞を受賞

量子物理工学研究室の國方 俊彰さん(博士後期課程1年)、西川 晃弘さん(博士前期課程2年)、髙瀬 峻汰さん(博士前期課程1年)、山林 恵士さん(博士前期課程1年)が応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ第12回研究会 兼 第28回次世代先端光科学研究会において講演奨励賞及び若手奨励賞を受賞

受賞概要

2023年8月7日~8月9日に秋田県仙北市およびオンラインにてハイブリッド開催された応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ第12回研究会 兼 第28回次世代先端光科学研究会において、量子物理工学研究室の髙瀬 峻汰さん(博士前期課程1年)が応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 講演奨励賞を受賞しました。同賞は36件の発表から3件の優秀な発表に対し授与されました。
極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ (jsap.or.jp)
また國方 俊彰さん(博士後期課程1年)、西川 晃弘さん(博士前期課程2年)、山林 恵士さん(博士前期課程1年)が次世代先端光科学研究会 若手奨励賞を受賞しました。同賞は36件の発表の中から5件の優秀な発表に対し授与されました。

20230825柳田研4名本文写真.png

【左から髙瀬さん(M1)、國方さん(D1)、河口准教授、西川さん(M2)、山林さん(M1)】

受賞対象となった研究タイトル・研究者・研究の内容・受賞者コメント

講演奨励賞:髙瀬 峻汰 (M1)

【研究題目・論文タイトル】

Nd添加CsI単結晶の線量率応答特性評価

【研究者・著者】

髙瀬 峻汰 (M1), 宮崎 慧一郎 (M2), 中内 大介 (特任准教授), 加藤 匠 (助教), 河口 範明 (准教授), 柳田 健之 (教授)

【受賞対象となった研究の内容】

シンチレータとは電離放射線を瞬時に低エネルギー光子に変換する素子であり、医療・セキュリティ・資源探査・原子炉モニタ等の幅広い分野に利用されています。近年、近赤外域にて発光するシンチレータが注目を集めており、本研究では近赤外域で発光することが知られているNdを添加したCsI単結晶の合成を行い、線量率応答特性を調査しました。その結果、広いダイナミックレンジで線形応答を示すことが確認され、近赤外シンチレータとして有望であることが明らかとなりました。

【受賞者コメント】

この度、講演奨励賞という栄えある賞を頂き、大変光栄でございます。ご助力くださった柳田先生をはじめとする教員方、先輩方に深く感謝を申し上げます。本受賞を励みに今後も一層、研究に精進してまいります。


若手奨励賞:國方 俊彰 (D1)

【研究題目・論文タイトル】

Eu添加Gd3Al2Ga3O12及びY3Al5O12単結晶のシンチレーション特性評価

【研究者・著者】

國方 俊彰 (D1), 渡辺 賢一 (九州大), Prom Kantuptim (D3), 白鳥 大毅 (東京理科大), 加藤 匠 (助教), 中内 大介 (特任准教授), 河口 範明 (准教授), 柳田 健之 (教授)

【受賞対象となった研究の内容】

シンチレータは放射線を多数の光子に変換する蛍光体材料の一つであり、放射線計測に用いられています。ガーネット単結晶は優れた光学・化学的安定性を有することから、盛んに研究されてきました。これまで小線源治療やX線イメージングへの応用に対してEu3+を添加したシンチレータが有用であると報告されています。本研究ではEu添加Gd3Al2Ga3O12及びY3Al5O12単結晶の合成を行い、これらの材料が高発光量を示すことを明らかにしました。

【受賞者コメント】

このような素晴らしい賞を頂き、大変嬉しく思います。ご助力くださった先生方、先輩方、共著者の皆様方に深く御礼申し上げます。本受賞を励みにより一層、研究活動を精進していきたいと考えております。


若手奨励賞:西川 晃弘 (M2)

【研究題目・論文タイトル】

銀添加Cs2O-BaO-Al2O3-P2O5ガラスのラジオフォトルミネッセンス特性

【研究者・著者】

西川 晃弘 (M2), 白鳥 大毅 (東京理科大・助教), 加藤 匠 (助教), 中内 大介 (特任准教授), 河口 範明 (准教授), 柳田 健之 (教授)

【受賞対象となった研究の内容】

Ag添加リン酸塩ガラスは放射線照射後に新たな発光中心が生じる現象 (RPL) を示すことで有名な材料であり、医療現場などで個人線量計として利用されています。本研究では、RPLのX線イメージング応用を目的として、実用RPLガラスを重元素化したCs2O-BaO-Al2O3-P2O5系に着目し、異なる濃度のAgを添加した試料の発光特性および空間分解能を比較調査しました。当該ガラスの中でも、Agを高濃度に含有した試料で顕著なRPL特性が観測でき、熱により発光特性が変化すること、市販品と同等以上の高い空間分解能を有することを明らかにしました。

【受賞者コメント】

このような素晴らしい賞を賜り大変光栄でございます。日頃から熱心にご指導くださいます教員方,先輩方にこの場を借りて深く感謝を申し上げます。


若手奨励賞:山林 恵士 (M1)

【研究題目・論文タイトル】

(K, Rb)2CuBr3単結晶の放射線応答特性

【研究者・著者】

 山林 恵士 (M1), 岡崎 魁 (D1), 中内 大介 (特任准教授), 加藤 匠 (助教授), 河口 範明 (准教授), 柳田 健之(教授)

【受賞対象となった研究の内容】

シンチレータは電離放射線のエネルギーを吸収して即発的に光子を放出する蛍光体であり、医療・セキュリティ・資源探査等の幅広い分野で放射線検出に利用されています。本研究では、連続固溶体の形成による発光特性の向上を狙い、互いに類似のイオン半径や結晶構造を有するアルカリ金属で置換された(K, Rb)2CuBr3単結晶を温度降下法により合成しました。当材料のX・γ線応答特性を評価したところ、市販品に匹敵する良好な残光特性を要因とした発光量の増大が明らかになりました。

【受賞者コメント】

この度は、若手奨励賞という栄誉ある賞を賜り、大変光栄に存じます。ご指導くださった柳田教授をはじめ、研究室スタッフの皆様ならびに先輩方に心より御礼申し上げます。今回の受賞を励みに、これからも日々研鑽を重ね、研究活動に精進していく所存です。




量子物理工学研究室のホームページはこちらをご覧ください。