1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. 量子物理工学研究室の市場 賢政さん(博士後期課程1年)、松澤 隼さん(博士前期課程2年)、江澤 喜朗さん(博士前期課程1年)、尾竹 祥太さん(博士前期課程1年)が応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ13回研究会 兼 第29回次世代先端光科学研究会において講演奨励賞及び若手奨励賞を受賞

量子物理工学研究室の市場 賢政さん(博士後期課程1年)、松澤 隼さん(博士前期課程2年)、江澤 喜朗さん(博士前期課程1年)、尾竹 祥太さん(博士前期課程1年)が応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ13回研究会 兼 第29回次世代先端光科学研究会において講演奨励賞及び若手奨励賞を受賞

受賞概要

2023年12月11日~12月13日に鹿児島県で開催された応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ第13回研究会 兼 第29回次世代先端光科学研究会において、量子物理工学研究室の尾竹 祥太さん(博士前期課程1年)が応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 講演奨励賞を受賞しました。同賞は49件の発表から3件の優秀な発表に対し表彰されました。
極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ (jsap.or.jp)
また市場 賢政さん(博士後期課程2年)、松澤 隼さん(博士前期期課程2年)、江澤 喜朗さん(博士前期課程1年)が次世代先端光科学研究会 若手奨励賞を受賞しました。同賞は49件の発表の中から5名の優秀者に授与されました。

20240112柳田研本文写真.png

【左から松澤さん (M2)、江澤さん (M1)、河口准教授、尾竹さん (M1)、市場さん (D1)】

受賞対象となった研究タイトル・研究者・研究の内容・受賞者コメント

講演奨励賞:尾竹 祥太 (M1)

【研究題目・論文タイトル】

CeおよびEu添加BaCl2透明セラミックスのOSL特性の比較研究

【研究者・著者】

尾竹 祥太 (M1)、坂口 大貴 (M2)、吉川 裕太 (M2)、加藤 匠 (助教)、中内 大介 (特任准教授)、河口 範明 (准教授)、柳田 健之 (教授)

【受賞対象となった研究の内容】

OSLとは放射線によって電離されたキャリアが捕獲準位に蓄積され、外部からの光刺激によって再励起されることで発光を呈する現象であり、個人被ばく線量計やイメージングプレート (IPs) に用いられています。本研究ではIPs用のOSL材料を開発することを目的とし、BaCl2:CeおよびBaCl2:Eu透明セラミックスを作製し、OSL 特性について比較を行いました。その結果、BaCl2:Eu透明セラミックスの方が優れた特性を示し、市販材料と同等の検出下限であることが明らかになりました。

【受賞者コメント】

この度は講演奨励賞を賜り、大変光栄に存じます。日頃からご指導いただいております柳田教授をはじめとする先生方、先輩方にこの場を借りて感謝申し上げます。この度の受賞を励みとし、より一層、研究活動に邁進してまいります。


若手奨励賞:市場 賢政 (D1)

【研究題目・論文タイトル】

第二生体光学窓で発光を呈するNd添加La2Be2O5単結晶のシンチレーション特性

【研究者・著者】

市場 賢政 (D1)、加藤 匠 (助教)、中内 大介 (特任准教授)、河口 範明 (准教授)、柳田 健之 (教授)

【受賞対象となった研究の内容】

シンチレータは放射線のエネルギーを即時に低エネルギーの光子に変換する材料であり、医療・宇宙物理・セキュリティ等多岐に渡る分野で利用されています。これまで主に紫外-可視領域に感度を有する光検出器に適した発光を示すシンチレータが開発されてきましたが、近年の光検出器の多様化や高線量場モニタリングなどへの優位性から近赤外発光を呈するシンチレータの開発が注目を集めています。本研究では、第二生体光学窓で発光を呈するNd添加La2Be2O5単結晶の合成に成功し、その近赤外領域におけるシンチレーション特性を明らかにしました。

【受賞者コメント】

このような素晴らしい賞を賜り大変光栄でございます。日頃から熱心にご指導くださいます先生方、先輩方にこの場を借りて深く感謝を申し上げます。


若手奨励賞:松澤 隼 (M2)

【研究題目・論文タイトル】

有機無機塩化鉛ペロブスカイトにおける置換基と発光量の関係

【研究者・著者】

松澤 隼 (M2)、岡崎 魁 (D1)、中内 大介 (特任准教授)、河野 直樹 (秋田大)、須藤 健 (秋田大)、加藤 匠 (助教)、河口範明 (准教授)、柳田健之 (教授)

【受賞対象となった研究の内容】

シンチレータは放射線を即時に低エネルギーの光子に変換する蛍光体であり、医用画像診断やセキュリティ等の幅広い分野で用いられています。近年、高効率かつ高速な発光を示すシンチレータとして2次元有機無機ペロブスカイト型化合物が期待されています。本研究では、シンチレーション特性の報告数が少ない塩化鉛系に着目し、有機層に用いるフェネチルアミンに置換基を導入することで発光特性が向上しました。また、置換基の導入によって変化する格子定数と発光量に相関関係があることを明らかにしました。

【受賞者コメント】

このような栄誉ある賞を頂き大変光栄です。日頃よりご助力いただいております共著者の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。


若手奨励賞:江澤 喜朗 (M1)

【研究題目・論文タイトル】

Tb添加Sr3Y(PO4)3単結晶のドシメータ特性評価

【研究者・著者】

江澤喜朗 (M1)、竹渕優馬 (D3)、岡崎魁 (D1)、加藤匠 (助教)、中内大介 (特任准教授)、河口範明 (准教授)、柳田健之 (教授)

【受賞対象となった研究の内容】

ドシメータ材料とは放射線によるエネルギーを一時的に蓄え、外部刺激によって発光する材料であり、個人被ばく線量計やイメージングプレートなどに応用されています。Sr3Y(PO4)3は優れた光学特性を有する一方、放射線照射下における発光特性に関する報告はありませんでした。本研究ではTb添加Sr3Y(PO4)3 単結晶のドシメータ特性の評価を行い、1.0%Tb添加サンプルが最も良好な検出感度を示すことを明らかにしました。

【受賞者コメント】

この度は名誉ある賞を賜り、大変うれしく思います。ご指導いただきました柳田先生をはじめとする先生方、先輩方に深く感謝を申し上げます。今回の受賞を励みに今後も研究活動に取り組んでまいります。




量子物理工学研究室のホームページはこちらをご覧ください。