1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. 量子物理工学研究室の竹渕優馬さん (博士後期課程2年) が第83回応用物理学会秋季学術講演会においてPoster Awardを受賞

量子物理工学研究室の竹渕優馬さん (博士後期課程2年) が第83回応用物理学会秋季学術講演会においてPoster Awardを受賞

受賞概要

竹渕さん.png

2022年9月20~23日に東北大学川内北キャンパスにてハイブリッド開催された第83回応用物理学会秋季学術講演会において、量子物理工学研究室の竹渕優馬さん(博士後期課程2年)がPoster Awardを受賞しました。同賞は第83回応用物理学会秋季学術講演会で発表された676件のポスター発表のうち、厳正な審査の結果、応用物理学の視点から特に価値のあるポスター発表を行った14名に対して授与されました。

【写真左から竹渕優馬さん、河口範明准教授】

研究題目・論文タイトル

MgGa2O4単結晶のドシメータ特性におけるTi濃度依存性の評価

研究者・著者

・竹渕優馬 (D2)、加藤匠 (助教)、中内大介 (准教授)、河口範明 (准教授)、柳田健之 (教授)

受賞者コメント

このような素晴らしい賞を頂き大変嬉しく感じております。日頃よりご助力いただいた皆様方に深く感謝申し上げます。本受賞を励みにこれからも研究に尽力していきたいと思います。

受賞対象となった研究の内容

ドシメータ材料は放射線のエネルギーを蓄積する機能を有する蛍光体であり、個人被ばく線量計やイメージングプレートなどに応用されています。本研究ではTi添加MgGa2O4単結晶の特性評価を行い、本材料が高い放射線検出効率およびX線イメージングにおける高い空間分解能を有することを明らかにしました。



量子物理工学研究室のホームページはこちらをご覧ください。