1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. 光機能素子科学研究室の修了生 Erus Rustamiさん(2020年9月修了)が、IEEE関西支部 学生研究奨励賞を受賞

光機能素子科学研究室の修了生 Erus Rustamiさん(2020年9月修了)が、IEEE関西支部 学生研究奨励賞を受賞

受賞概要

本文.png

2021年2月18日、IEEE関西支部 2021年総会において光機能素子科学研究室の修了生 Erus Rustamiさん(2020年9月修了)が、IEEE関西支部 学生研究奨励賞を受賞しました。本賞は、次世代を担う若い学生の研究を奨励するため、 IEEE関西支部の学生会員のうち優れた英文論文を発表した学生を表彰する賞で、2018年10月から2020年9月までに発表した英語の論文の中から9名が受賞しました。

Erusさんは2020年9月に博士号を取得し、2020年10月から2021年3月まで光機能素子科学研究室の博士研究員として在籍していました。

研究題目・論文タイトル

Needle-Type Image Sensor with Band-Pass Composite Emission Filter and Parallel Fiber-Coupled Laser Excitation

研究者・著者

Erus Rustami, Kiyotaka Sasagawa, Kenji Sugie, Yasumi Ohta, Makito Haruta, Toshihiko Noda, Takashi Tokuda, Jun Ohta

受賞者コメント

I would like to express my gratitude and appreciation to my supervisors, Prof. Jun Ohta and Prof. Kiyotaka Sasagawa, for their wonderful mentorship throughout my doctoral studies. I would also like to extend my thanks to all Professors in Photonic Device Science Laboratory and Ms. Fukuzawa for their constant care and support. This award is an excellent morale-booster that will encourage me to continue doing my best at work.

受賞対象となった研究の内容

This work presents an implantable fluorescence system with a composite emission filter and fiber-coupled laser excitation. The composite structure of the short-pass interference filter and absorption filters exhibited a band-pass spectrum between 510 and 570 nm, close to green fluorescent protein (GFP) emission. High-quality excitation light was achieved by utilizing a blue laser through a low-numerical-aperture optical fiber. This coupling method helps deliver a narrow spectrum and controllable irradiation light in a specific area to minimize auto-fluorescence from the tissue. The fabricated lensless system performance is experimentally validated by imaging emission. The proposed device is capable of perceiving fluorescence emission from microspheres and GFP noticeably.


光機能素子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。