1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. 情報機能素子科学研究室のPONGSAKORN SIHAPITAKさん(博士後期課程1年)がAMFPD21国際学会においてStudent Awardを受賞

情報機能素子科学研究室のPONGSAKORN SIHAPITAKさん(博士後期課程1年)がAMFPD21国際学会においてStudent Awardを受賞

受賞概要

PONG本文2.png

2021年6月29日~7月2日にONLINEで開催されました第28回AMFPD21国際学会において、情報機能素子科学研究室のPONGSAKORN SIHAPITAKさん(博士後期課程1年)がStudent Awardを受賞しました。同賞は約50件の口頭講演およびポスター講演の中から1名の優秀学生に授与されました。

研究題目

Relationship of phase shift mask design and three-dimension nanostructure fabrication

研究者

PONGSAKORN SIHAPITAK

受賞者コメント

First and foremost, I would like to humbly express my sincere gratitude toward Prof. Yukiharu Uraoka and Assoc. Prof. Yasuaki Ishikawa for their kind guidance and advice. This work could not be completed without support from the Material Science technical staff, and the Information Device Science laboratory staff and members. It is my honor to receive this award and I really appreciate this honor. This award is an excellent motivation-booster that will encourage me to continue doing my very best at the Information Device Science laboratory.

受賞対象となった研究の内容


クリーンエネルギーの一つとして注目されている熱電変換素子の実現を目指して、3次元のナノ構造の形成方法を提案した。熱電変換素子の効率を上げるためには、材料の熱伝導率を低くする必要がある。本人は、レーザ光を使ったPnPと呼ばれる新しい製造方法を提案し、3次元のナノ構造を導入することで、熱伝導性を制御できることをシミュレーション(理論計算)によって示した。

情報機能素子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。