1. ホーム
  2. Topics
  3. 教育・研究成果
  4. センシングデバイス研究室のProm Kantuptimさん(博士前期課程2年)、竹渕優馬さん(博士前期課程1年)が第15回次世代先端光科学研究会で若手奨励賞を受賞

センシングデバイス研究室のProm Kantuptimさん(博士前期課程2年)、竹渕優馬さん(博士前期課程1年)が第15回次世代先端光科学研究会で若手奨励賞を受賞

受賞概要

c9c63d8ddfdb0e7959a5972a8447eb95.png

2019年11月8日に開催された第15回次世代先端光科学研究会においてProm Kantuptimさん(博士前期課程2年)、竹渕優馬さん(博士前期課程1年)が若手奨励賞を受賞しました。同賞は口頭発表11件のうち優れた講演を行った若手研究者2名に対して授与されました。

【写真左からProm Kantuptimさん、河口範明准教授、竹渕優馬さん】

・(Prom)Scintillator characteristic of Pr doped Gd2Si2O7 crystal

・(竹渕)Ce添加MgAl2O4単結晶のドシメータ特性評価

・Prom Kantuptim (M2), Masaki Akatsuka (D1), Daisuke Nakauchi (Assistant Professor) , Takumi Kato (Assistant Professor) , Noriaki Kawaguchi (Associate Professor), Takayuki Yanagida (Professor)

・竹渕優馬 (M1)、福嶋宏之 (M2)、中内大介 (助教)、加藤匠 (助教)、河口範明 (准教授)、柳田健之 (教授)

受賞者コメント

(Prom)Firstly, I would like to thank you Professor Yanagida for his guidance. This work couldn't succeed without him. Furthermore, I want to give a sincere thanks to all the members in the Sensing device laboratory, especially Mr. Akatsuka, for his significant effort in this work. For me, this award is one of the big motivations for improving my research quality.

(竹渕)第15回次世代先端光科学研究会 若手奨励賞を受賞したことを大変光栄に思います。今回の受賞にあたってご指導くださいました先生方および先輩方に深く御礼申し上げます。この賞を励みに今後も研究活動に邁進したいと考えております。

受賞対象となった研究の内容

(Prom)Pr-doped gadolinium pyrosilicate (Gd2Si2O7) were synthesized by the floating zone method with various Pr concentrations from 0.1 to 2.0 mol%. After the crystal phase confirmation from XRD, photoluminescence (PL) and scintillation properties were investigated. The samples showed scintillation with an emission at 340-360 nm due to Pr3+ 5d-4f transitions. From the pulse height measurement under 137Cs γ-ray irradiation, the 1.0% Pr-doped sample showed the highest scintillation light yield of 2290 ph/MeV among the present samples. And we confirmed the linear relationship between radiation energy and scintillation output.

(竹渕)蓄積型蛍光体は放射線照射によりエネルギーを貯蔵した後、熱や光などの外部刺激によって発光する材料であり、その発光強度から被曝線量を測定することができます。今回我々は高い透過率により高い光の取り出し効率を有する単結晶に注目し、Ce添加MgAl2O4単結晶の作製および蓄積型発光特性の評価を行いました。熱蛍光特性では同組成の不透明セラミックスと比較してダイナミックレンジの改善が見られ、Ce添加MgAl2O4単結晶が実用品に匹敵する高い感度を有することを見出しました。

センシングデバイス研究室のホームページはこちらをご覧ください。