NAIST 奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学領域 ~光ナノサイエンス~

光機能素子科学研究室の杉江謙治さん(博士前期課程2年)がVDECデザインアワード優秀賞、Nattakarn Wuthibenjaphonchaiさん(博士後期課程2年)森康登さん(博士後期課程1年)がVDECデザインアワード嘱望賞を受賞

  • 杉江謙治さん
    (博士前期課程2年)
  • Nattakarn Wuthibenjaphonchaiさん
    (博士後期課程2年)
  • 森康登さん
    (博士後期課程1年)

2019年9月27-28日に山形県天童温泉滝の湯にて開催されたVDEC(東京大学大規模集積システム設計教育研究センター)デザイナーズフォーラム2019・VDECデザインアワード発表会において、

光機能素子科学研究室の杉江謙治さんがVDECデザインアワード優秀賞を受賞しました。本賞は優れた集積回路設計の設計者を表彰するものとして,1次選考を通過した11名のうち6名にVDECから授与されました。

また、同研究室のNattakarn Wuthibenjaphonchaiさん、森 康登さんがVDECデザインアワード嘱望賞を受賞しました。本賞は1次選考を通過した応募者6名を対象として、優れた集積回路設計の提案を行った研究者3名を表彰するものとして、VDECから授与されました。

・(杉江)角度選択画素を搭載した脳内刺入型レンズレスCMOSイメージセンサ

・(Nattakarn Wuthibenjaphonchai)Wireless Wearable Device for Non-invasive Health Monitoring, Operated by Optical Power Transfer

・(森)人工視覚システムにおける埋植ユニット間通信の高速化・低消費電力化の検討と送受信回路の設計

・杉江 謙治

・Nattakarn Wuthibenjaphonchai

・森 康登

(杉江)この度、VDECデザインアワード優秀賞を頂き、大変光栄に思います。御指導頂いた太田淳教授、笹川清隆准教授を始めとする光機能素子科学研究室の先生方に、深く御礼申し上げます。また、研究室のメンバー各位との議論を通じて研究内容をより洗練されたものとすることができました。今回の受賞を励みとし、今後より一層研究活動に精進していきたいと思います。

(Nattakarn Wuthibenjaphonchai)I would like to express my special thanks of gratitude to Prof. Ohta and Prof. Tokuda for their kindly guidance and very helpful advice in my research. I would like to extend my sincerely thank you all Professors in Photonic device science laboratory and Ms. Fukuzawa for their constantly support. Receiving this award is a great honor and privilege and it is a great motivation for my research.

(森)この度、VDECデザインアワード嘱望賞を頂き、大変光栄に思います。御指導頂いた太田淳教授、笹川清隆准教授をはじめ光機能素子科学研究室の先生方に、深く御礼申し上げます。また、研究室のメンバー各位との議論を通じて研究内容をより洗練されたものとすることができました。ここに心より感謝申し上げます。この受賞を励みとし、科学技術の発展に貢献できるよう、より一層研究活動に邁進して参りたいと思います。

(杉江)独自に設計したレンズレスCMOSイメージセンサは超小型かつ軽量で、自由に行動する動物の脳神経活動をイメージングすることが可能です。しかし、レンズのない構成は観察対象がセンサ表面から離れるとともに取得できる像がぼけてしまいます。本研究では新たに開発した角度選択画素による複数視点観察とレンズの働きを画像処理によって実現し、センサ表面近傍のぼけ画像を復元できることを実証しました。今回提案したセンサを用いることで生体深部での高分解能イメージングを実現し、脳のはたらきの解明に貢献することが期待されます。

(Nattakarn Wuthibenjaphonchai)This work presents the concept of a battery-free, sticker-like, device for a non-invasive health-monitoring sensor. In this work, we used glucose as an example of health-monitoring sensor. Comparing to a commercial blood-glucose meter, this device has two main advantages which are convenience and less painful device. The device consists of two functional blocks: an optical power-transfer part and a functional part. The device’s operation is simply started by using the illuminator of a smart phone as a power transmitter. The solar cells on the device convert light to electrical power and supply power to the optical power-transfer part. The optical power-transfer part accumulates power and operates the functional part. In the functional part, an amperometric measurement circuit is used to measure a faraday current from the non-invasive glucose sensor. A data-display LED receives the measured current and display the data. This signal can be collected and displayed by the camera in the smart phone.

(森)本研究では、電極と制御回路を統合したスマート電極デバイスを用いた人工視覚システムにおいて、高解像度・高フレームレートを安全に実現する高速で低消費電力の電流通信回路の設計を行いました。本発表では、ユニット間通信において25 Mbpsの通信が可能であることとそれを実現する電流信号送受信回路の動作シミュレーション結果を示しました。本技術は人工視覚デバイスを含む生体埋植デバイスの実現に寄与するものであると期待しています。

 

光機能素子科学研究室のホームページはこちらをご覧ください。

 

トピックス

  • Youtube 物質創成科学領域・オフィシャルチャンネル
  • 大学へのアクセス・問合せ

ピックアップコンテンツ

  • ナノテクノロージープラットフォーム