有機光分子科学研究室では 有機薄膜太陽電池や有機トランジスタなどデバイスへの応用を視野に入れた 有機エレクトロニクス材料や機能性色素の開発に取り組んでいます.
     計算科学を用いた緻密な分子設計
     最先端反応を取り入れた化学合成
   多彩な機器を駆使した構造解析と機能探索
     有機デバイスの作製と性能評価…
日々の研究で私たちが目指すのは,
美しい分子の合成とそれぞれの分子に秘められた未知の物性を開拓すること,そして
サイエンスとテクノロジーに広く貢献できる“Full-Spectrum Chemistry”の発信です.
奈良から世界へインスピレーションを!

CREST「革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築」
CREST「革新的デバイス創製のためのグラフェンナノリボンのテイラーメイド合成
新学術領域研究「3D活性サイト科学」も展開中です。
大学広報に当研究室の紹介記事が掲載されていますので、こちらも是非ご覧下さい。

LATEST NEWS

鈴木充朗助教の論文が、Chemical Scienceに掲載されました。
論文Publications

東京大学大学院工学研究科の野崎京子先生にご講演いただきました。
Photo

M2の上原君の論文が、Eur. J. Org. Chem.に掲載され、表紙を獲得しました!
論文Publications表紙

林宏暢助教が日本化学会第98春季年会において優秀講演賞(学術)を受賞しました。
Photo物質

M2のPeifeng君の論文が、RSC Advancesに掲載されました。
論文Publications

Rutgers University-Newark, USAのPiotr Piotrowiak先生にご講演いただきました。
Photo