本文へスキップ

奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 物質創成科学領域 ナノ高分子材料研究室

TEL. 0743-72-6198

〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5

総説・特許など Other achieveemnts


■ 著書・総説・総合論文など

  1. 網代広治、吉田裕安材,
    “非環式N-ビニルアミドの最近の動向”
    月刊高分子 ~最近の進歩~, 2021, 70(7).
  2. Nalinthip Chanthaset, Hiroharu Ajiro*,
    “Synthetic Biodegradable Polymers with Chain End Modification: Polylactide, Poly(butylene succinate), and Poly(hydroxyalkanoate)” <Highlight Review, Special edition at 50th Anniversary>,
    Chem. Lett. 2021, 50(4), 767-777.
  3. 網代広治,
    “ポリ乳酸ステレオコンプレックスの表面における相互作用と抗菌性付与”
    接着と技術誌 -特集: 表面・界面(抗菌)-, 2021, 40(4) 予定.
  4. 網代広治,
    “高分子間相互作用を利用した抗菌性材料の開発”
    「抗菌・抗ウイルスのメカニズム、材料開発、付与技術と評価手法」(第3章、第2節), 株式会社技術情報協会.Submitted.
  5. 網代広治,
    “反応性末端を有する新規開始剤によるポリ乳酸合成とステレオコンプレックス化”,
    「重合開始剤、硬化剤、架橋剤の選び方、使い方とその事例」(第1章、第9節), 株式会社技術情報協会.2021年2月発刊予定.
  6. Hiroharu Ajiro, Takamasa Sakai,
    “Molecular Technology for Degradable Synthetic Hydrogels for Biomaterials”,
    Molecular Technology. Life Innovation, Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Rights & Licenses, Boschstr. 12, 69469 Weinheim, Germany. Editors: Hisashi Yamamoto, Takashi Kato. First published 10 December 2018. 発売日2019/4/24 . DOI: 10.1002/9783527823987.vol2_c10.
  7. 網代広治*
    “ポリ乳酸のステレオコンプレックス形成による耐熱性向上”,
    「高耐熱樹脂の開発事例集」, (第8章 第1節), 427-435pp.
    企画編集 株式会社技術情報協会, 出版社 株式会社技術情報協会, 2018, ISBN 978-4-86104-720-6 C3058.
  8. 川谷諒, 網代広治*
    “N-ビニルアミド誘導体ポリマーの刺激応答材料設計”,
    「刺激応答性高分子ハンドブック-Stimuli-Responsive Polymers Handbook-」 (1編 2章 6節) , 89-95pp.
    監修 宮田隆志, 出版社 株式会社エヌ・ティー・エス, 2018, ISBN 978-4-86043-535-6 C3043.
  9. カン凱, 網代広治*, 明石満
    "末端修飾と高分子間相互作用を利用したポリ乳酸系材料の創製"
    高分子論文集 -特集号-医用高分子〔総合論文〕, 2018, 75, 9-22.
  10. 網代広治*
    “育児と仕事”
    高分子,-特集 みんなで元気に!高分子-, 2017, 66(1), 13.
  11. 網代広治*
    “複機能性ポリトリメチレンカーボネート誘導体の設計”
    化学経済,2016, 63(9), 54-58.
  12. Hiroharu Ajiro*, Yoshiaki Haramiishi, Nalinthip Chanthaset, Mitsuru Akashi*,
    “Polymer Design Using Trimethylene Carbonate with Ethylene Glycol Units for Biomedical Application”
    Polym. J. [Focus Review], 2016, 48, 751-760.
  13. 網代広治*
    “末端修飾と高分子間相互作用によるポリ乳酸の複機能化”
    化学工業, <特集>次世代高効率材料の開発,2016, 67(6) 12-20.
  14. Hiroharu Ajiro, Daisuke Kamei, Masumi Maegawa, Tatsuaki Ueyama, Mitsuru Akashi*
    “Study on the Porous it-PMMA Thin Film Which Recognize Stereoregularity Prepared by Layer-by-layer Assembly”〔総合論文〕「ポリメタクリル酸メチルを用いた交互積層薄膜から構築される立体規則性を認識可能なナノ反応場に関する研究」
    高分子論文集〔特集号〕- 精密高分子合成の展望 - , 2015, 72(5), 261-274.
  15. Mitsuru Akashi, Hiroharu Ajiro
    “Template Polymerization (molecular templating)”
    Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials. Springer. Editors: Shiro Kobayashi, Klaus Müllen. ISBN 978-3-642-36199-9 (2014).
  16. 網代広治
    “Essays バイオマテリアルの夢を語る- 連携とアウフヘーベン”
    バイオマテリアル, 32巻2号、page134.発行日2014年4月.
  17. 竹本友紀恵, 網代広治, 明石 満
    “第1章 徐放のための材料. 1. 高分子 ②合成高分子(非吸収性)”
    ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線-古くて新しいドラッグデリバリーシステム(DDS), 遺伝子医学MOOK. pp. 40-44. 発行日2013年3月20日.編集 田畑泰彦. 出版 株式会社メディカル ドゥ. 発行人 大上 均. 編集部 小早川久美.
  18. Michiya Matsusaki, Hiroharu Ajiro, Toshiyuki Kida, Takeshi Serizawa, Mitsuru Akashi
    “LbL Asesmbly Through Weak Interactions and Their Biomedical Applications”
    Adv. Mater. 2012, 24(4), 454-474.
    DOI: 10.1002/adma.201103698.
  19. Hiroharu Ajiro, Peter C. B. Widger, Syud M. Ahmed, Scott D. Allen, Geoffrey W. Coates
    “Stereoselective Ring-Opening Polymerization of Epoxides”
    In Polymer Science: A Comprehensive Reference, Chapter 4.; Matyjaszewski, K., Möller, M., Eds.; Elsevier: Amsterdam, 2012; 165−181.
  20. Takeshi Serizawa, Mitsuru Akashi, Michiya Matsusaki, Hiroharu Ajiro, Toshiyuki Kida
    “LbL Assemblies Using van der Waals or Affinity Interaction and Their Applications”
    G. Decher and J. Schlenoff Eds., Multilayer Thin Films Sequential Assembly of Nanocomposite Materials, 2nd Edition (Wiley-VCH, Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim, Germany), 2012, 99-133.
  21. 網代広治, 明石 満
    “第4編 第2章 第3節 ポリマーゲル”
    ラジカル重合ハンドブック, pp. 741-747. 発行日2010年9月10日.監修者 蒲池幹治,遠藤剛,岡本佳男,福田猛.発行者 吉田隆.発行所 株式会社エヌ・ティー・エス.編集 有限会社 新日本編集企画.印刷製本 新日本印刷株式会社.ISBN 978-4-86043-274-4.
  22. Hiroharu Ajiro, Yukie Takemoto, Taka-aki Asoh, Mitsuru Akashi
    “Simple Polyion Complex Hydrogel by Poly(acrylic acid) and Partially Protected Poly(vinylamine)” 高分子 59巻7号, Hot Topics, pp.461.発行日2010年7月1日.発行 社団法人 高分子学会.印刷 日本印刷株式会社.ISSN 0454-1138.
  23. 網代広治, 明石 満
    “ポリ(N-ビニルアミド誘導体)の構造制御”
    未来材料 9巻4号, pp.38-44.発行日2009年4月10日.編集人 遠藤剛.発行人 吉田隆.発行所 株式会社エヌ・ティー・エス.印刷所 三美印刷株式会社.ISBN 978-4-86043-177-8.
  24. Hiroharu Ajiro, Scott D. Allen, Geoffrey W. Coates
    “Discrete Catalysts for Stereoselective Epoxide Polymerization”
    Editors: Baugh, Lisa S.; Canich, Jo Ann M. Stereoselective Polymerization with Single-Site Catalysts, 2008, 627-644. Publisher: CRC Press LLC, Boca Raton, New York.

■ 特許出願     【※登録】


  • 特願2022-001250
  • 特願2021-187319
  • 特願2021-082645
  • 特願2021-079379
  • 特願2020-146795
  • 特願2019-104022
  • 特願2018-246050, 特開2020-105396
  • 特願2018-106455, PCT/JP2019/21838, 特願2020-522640
  • 特願2018-048302, 特開2019-157038
  • 特願2018-033179, 特開2019-147759, 特許第6992976号【※】
  • 特願2018-003306, 特開2019-123766
  • 特願2017-177609, 特開2019-052112
  • 特願2017-103673, 特開2018-199747, 特許第6888817号【※】
  • 特願2016-040414, 特開2017-155151, 特許第6721887号【※】
  • 特願2015-164121, PCT/JP2016/070916, US 10,711,097 B2 【※】, 特許第6876330号【※】
  • 特願2014-151364, 特開2016-029119
  • 特願2013-135035, WO2014208604(A1), 特許第6425141号【※】
  • 特願2013-079141, PCT/JP2014/059222, WO2014163012A1, 特許第6329132号【※】
  • 特願2013-554360, WO2013/108884, 特許第6089178号 【※】
  • 特願2011-101393, 特開2012-232909
  • 特願2008-518292, 特表2008-546785
  • 特願2007-144642, 特願2007-60031, 特開2008-255313
  • EP1901845(A0), EP1901845(A2), EP1901845(A3), CA2612547(A1), CA2612547(C), US2006293501(A1), US7399822(B2), WO2007002023(A3)

バナースペース

連絡先

〒630-0192
奈良県生駒市高山町8916-5
奈良先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科
物質創成科学領域 E棟
ナノ高分子材料研究室

■ 網代広治 教授 (E309室)
E-mail: ajiro[*]ms.naist.jp
TEL: 0743-72-6198
FAX: 0743-72-5509

※上記のメールアドレスは[*]を@へ変更してください。